カイテキオリゴの成分を徹底分析

商品に含まれている原材料の主な成分とは?

カイテキオリゴは、北の快適工房から発売されている商品で北海道の会社からネット通販のみで販売されています。

商品に記載されている成分を見ると「ラフィノース」、「ミルクオリゴ糖」、「乳糖」、「セロオリゴ糖」、「ショ糖」の5つの種類となり、なかでも「ラフィノース」がメインで、これは北海道産のサトウダイコンを主原料としています。

「ラフィノース」はカロリーも高くない状態でありながら、甘さも抑え気味でしかもそれを摂取すると腸内のビフィズス菌の活性化に優れた素材です。 またサトウダイコンには「ショ糖」も含まれており、これはスクロースとも呼ばれており、ぶどう糖と果糖が結合されたことによって生成されています。

小腸からの吸収を得やすいことで早い段階で血液中に取り込まれる形になるため、ダイエットに適しているとして注目されています。 他に「ミルクオリゴ糖」は難消化性の性質があるため大腸まで届く栄養素で大腸の善玉菌を増やします。

「乳糖」は体内の骨の生成に必要となるカルシウムやマグネシウムの吸収を良くし、「セロオリゴ糖」は水に溶けにくく整腸作用を担い、いずれも腸内環境を良好にする上で必要不可欠な栄養素となります。

 

一日の使用量とそのカロリーなどの情報や特徴

カイテキオリゴを生活に導入する目的には、便秘などの解消と快適なお通じを実現したい点があります。毎日のお通じが快適であることはダイエットをする上でもポイントで、しかも体調を整える上でも必要不可欠の要素となるためです。

一日の使用量は5gを目安とし、粉末状のさらりとした状態になっているため、それを飲み物やヨーグルトなどに混ぜて飲むだけで済みます。エネルギー量は100g当たり210カロリーであり、5gで計算すれば約10カロリーで済むので低カロリーです。

他にもタンパク質、脂質、ナトリウム類は含まれないため、その摂取し過ぎを一切心配することがないのは大きなメリットとなります。なおオリゴ糖は小腸や大腸に棲むビフィズス菌の種類は30種類以上と言われるためオリゴ糖の相性が問題となりますが、カイテキオリゴはEOS理論でビフィズス菌に満遍なく活性化させるオリゴ糖を採用しているため、ビフィズス菌の種類に応じて活性化の実現を容易にします。

また従来からのオリゴ糖は水分の吸湿性が課題で、吸湿することで塊になりやすい特徴がありますが、オリゴ糖の粉末状態はさらりとしています。そのため保存性にも優れ、使用する上でも容易なため、毎日の生活にも取り入れやすいメリットもあります。

参考サイト⇒カイテキオリゴ・口コミ